送迎にはハイヤーを利用

ハイヤーには様々な利用用途があります。一般の方で利用されることはあまり機会がないかもしれませんが、どんな利用用途が多いのかをみなさんはご存知でしょうか。最も利用頻度が高い用途はやはり社用車として利用することが一番多いでしょう。社用車として利用頻度が高い中で、社長や役員などの送迎として使用されることも多いのですが、送迎として利用する際に注意することや知らないこともいくつかありますので、今回は社用車の送迎についてみなさんに紹介させていただきます。

ハイヤーを利用するということでよく間違いが多いケースがあります。それは社有車ではないということです。実際は車を所持している代行会社があり、その代行会社に送迎を委託するものであって、決して社有車ではありません。しかしながら、現実的に社有車と何も変わることはありませんので、このような誤りが起きるのです。

さて、本題の送迎という部分ですが、ここで委託する側の会社の疑問点として挙げられることがあります。それは社有車ではないので、融通があまりきかないのではないかということです。これは大きな間違いであり、社有車ではないハイヤーであっても基本的には融通がききます。具体的に挙げると、送迎は全ての会社で送り迎えをするためだけのサービスではなく、朝だけ会社に行く為に契約をしたい、逆に朝は送迎がいらないので夕方は送迎してほしいなどのケースです。

このようなケースであっても契約する上で、その会社ごとにサービスのオプションや特記事項に対応することが可能ですので、あらゆる面で融通が利くといっても決して間違いではないでしょう。そして融通といった意味では時間だけではありません。役員などは外に出る機会も多く、また急な予定が入ることもしばしばあるでしょう。そんな時には夕方の送迎を自宅までお願いしていたのが、自宅ではなく他の行き先に変更になるというケースがあります。もちろんこのような行き先の変更などについても随時対応してくれますので、便利に利用できます。

更にこちらのケース会社ごとで異なるケースではありますが、社長や役員などでも毎日会社に出社しないケースも多くあります。例えば、週3日だけの決まった曜日での送迎も可能ですし、不定期の曜日や会社によっては土日祝日などの出勤も多くあります。このように定期的な曜日や日数の送迎を始め、不定期の送迎でも柔軟に対応してくれます。社有車ではありませんが、社有車と同等のサービスを受けることができますので、ハイヤーでの送迎はコスト的にも非常にメリットがあるサービスと言っても良いでしょう。