ハイヤーの使用方法について

ハイヤーという乗り物をそもそもご存知ないという方も多くいらっしゃいますが、簡単に言うと、通常のタクシーとは異なり街中を何台ものタクシーが通っているのとは違い、日本の中で最も格式が高い専用車という認識とでも言えば分かりやすいでしょうか。そしてこのハイヤーという乗り物はどのような用途で使われることが多いのでしょうか。今回はその中でも最も利用されている役員車、社用車について触れてみて、みなさんによりハイヤーという乗り物なのかについて説明させていただきます。

役員車や社用車と言うと、会社が所有している車や専属ドライバーを思い浮かべる方も少なくありません。もちろん、会社が所有している場合もあるでしょう。しかし、会社で所有するとなると様々なコストがかかってきます。ドライバーの人件費や車の維持費など、コストがかかるばかりで会社を経営する上ではあまり賢くはないでしょう。

そこでハイヤーという乗り物の存在価値があるわけです。役員車や社用車として使用するのであれば、車を所有している会社と契約をしてしまった方が格段にお得なわけです。また、契約するということは契約内容によって異なってはきますが、車を所有している感覚で利用することができますので、社有車と同じ感覚で車を使うことができます。

大きな会社になればなるほど、会社役員の行動は多岐に亘り頻繁に車を使う場面が多くなります。また、VIPを乗せて送迎をすることも多々あるでしょう。ハイヤーではそのような大事な方を乗車させる為の車と言っても決して大袈裟ではないでしょう。会社によって社有車にするのか、送迎車にするのかなど様々な使用用途がありますので、そのケースによって色々なニーズに対応することが可能です。

また、多くは専属ドライバーも含めて契約をしますが、その専属ドライバーも数ある中から選りすぐりの人材を推薦してもらい、自社に合うような専属ドライバーを面接し、採用することもできますので、そのような点も安心です。更には車種も決して1種類だけではなく、数十種類の中から自社に合った車を使用できますので、あらゆる面で自社にふさわしい車やドライバーなどを選ぶことができます。他にも契約したドライバーが万が一、自社にふさわしいドライバーではなかった場合などもよくあるトラブルですが、基本的には契約後のドライバー変更も受け付けている場合が多く、どんなケースでも自社にとってメリットがあるような契約を進めることができるでしょう。